各種パッキン・ガスケットなどシールに関する情報を毎月1回ご提供していきます。

各種パッキン・ガスケットの専門商社、コタニ株式会社が、毎月一回シールに関する技術情報をご提供していきます。Oリングとは!?から始まり、材料・規格・シールの問題点等をわかりやすく解説しています。ぜひ参考になさってください。

今月の最新記事「その他のシール製品(ファスナーシール)(3) 」

2016年12月1日発行  NO.03-34

新シール概論(2)その他のシール製品(ファスナーシール)(3)

前号に続きダイスレッドのシール理論です。

図7-2 ダイスレッドのシール理論 三菱電線工業株式会社のカタログから
図7-2 ダイスレッドのシール理論

図7-2ではナットでダイスレッドを締め付けた状態を示します。
ナットを締め付けるとゴム部が内径側に変形し、ゴム部の内径はおねじの外径(2から3ヵ所)に押しつけられます。
(図のa部)。また三角リップはおねじの谷部(図のb部)に押しけられて、ねじ部からの漏れを防ぐことが出来るわけです。
このダイスレッドのサイズはM3~M24まであります。
ゴムの種類としては、NBR、FKM、EPDM、VMQ、CRがあり、外部のリテーナ材としては軟鋼とSUS材があります。
耐圧はダイスタットと同様にM3,4,5は7MPaで、それ以上は35MPaまで使用可能です。

装着例を図8-1.2に示します。

図8-1 装着例(ニードルバルブの場合) 三菱電線工業株式会社のカタログから
図8-1 装着例(ニードルバルブの場合)
図8-2 装着例(ニードルバルブの場合) 三菱電線工業株式会社のカタログから
図8-2 装着例(ニードルバルブの場合)

このニードルバルブでは調整のためにナットを緩めたり、締めたりして調整するものです。
この装着では、ゴム部の保護のために、実際の使用油またはゴムに影響しないグリースをねじ部とゴム部に薄く塗布することが重要です。
念のためですが、以前にも話ましたが、ゴム材料がEPDMの場合にはシリコーン系グリース以外は使用しないでください。
いままでの説明で示したように用途により、使い方を間違いないようにすることです。

(続く)

取扱い製品について

NKリング
ふっ素ゴムをふっ素樹脂で被覆した画期的なOリング
NKジョイントリング
英国NES社の誇るふっ素ゴムつなぎOリング
TESNIT
スロベニアDONIT TESNIT社製の高品質ジョイントシート
その他の各種シール製品

以上の詳細はホームページに記載していますので、是非ご覧ください。
カタログや技術資料は、ご要求がございましたらお問い合わせページにご一報ください。

当記事にご意見や質問がございましたら、お問い合わせページまでご連絡ください。