各種パッキン・ガスケットなどシールに関する情報を毎月1回ご提供していきます。

各種パッキン・ガスケットの専門商社、コタニ株式会社が、毎月一回シールに関する技術情報をご提供していきます。Oリングとは!?から始まり、材料・規格・シールの問題点等をわかりやすく解説しています。ぜひ参考になさってください。

今月の最新記事「その他のシール製品(組合せシール)(4)」

2017年5月1日発行  NO.03-39

新シール概論(2)その他のシール製品(組合せシール)(4)

3. 漏れ特性について
漏れほど、不安定の要素が多く、試験してもある程度傾向が見られるが、常に一定とはならないようです。
図10に圧力による漏れ量を示します。

図10 キャップシールの圧力による漏れ量
図10 キャップシールの圧力による漏れ量

やはり、圧力による影響が顕著に見られます。

図11 温度による漏れ量の変化
図11 温度による漏れ量の変化

キャップシールは案外温度による変化は少なく安定しています。O リングは逆に温度が上昇につれて漏れ量が減少傾向にあることが見られます。
PTFEの材料は前号と同じです。

4. その他の組合せシールの例
以上までは三菱電線工業株式会社の資料でしたが、著Dr.MullerのFluid Sealing Technology:principles and applicationsに参考になるデータがありましたので、紹介します。
製品はTrellborg社のStepseal-Kです。
ロッド用シールの代表的なもので、有名な製品です。図12に構造と接触圧力を示しています。

図12 Stepseal-Kの構造と接触圧力
図12 Stepseal-Kの構造と接触圧力

構造から分かるように樹脂部は非対称形で圧力方向は、図12のように左側で、右側は低圧側(大気の場合もあります)です。
接触圧力は流体に接する箇所が一番大きくなっています。この点でシール力が最大となっています。当然左側でほぼOで、典型的なロッドシールの構造となっています。
漏れ特性は基本的には25MPaまではゼロという素晴らしいものです。

(続く)

取扱い製品について

NKリング
ふっ素ゴムをふっ素樹脂で被覆した画期的なOリング
NKジョイントリング
英国NES社の誇るふっ素ゴムつなぎOリング
TESNIT
スロベニアDONIT TESNIT社製の高品質ジョイントシート
その他の各種シール製品

以上の詳細はホームページに記載していますので、是非ご覧ください。
カタログや技術資料は、ご要求がございましたらお問い合わせページにご一報ください。

当記事にご意見や質問がございましたら、お問い合わせページまでご連絡ください。