各種パッキン・ガスケットなどシールに関する情報を毎月1回ご提供していきます。

有限要素法について(5)

2013年2月1日発行  NO.02-54

新シール概論(54)(有限要素法について)

4.シールにおける利用方法

2)有限要素法での実例の紹介(続き)

Oリングのはみ出し現象

ご存知のように、Oリングは相手面のすきまとOリングのゴム硬さと使用する流体の圧力によりはみ出しが発生します。これをFEMで解析した例が下図の通りです。

図 Oリングの相手面のすきまとOリングのゴム硬さと使用する流体の圧力によりはみ出しが発生したものをFEMで解析した例

これらの例ではゴムの硬さ(強度)と圧力とすきまを変化させれば、はみ出しの出ない条件ができることにもなります。(図は三菱電線工業株式会社発行の技術資料のものをいずれも使用しています)

Xリングの例

図 Xリング 左側が圧力なし、右図が0.7MPaの場合

左側が圧力なし、右図が0.7MPaの場合

空気圧用単一パッキンの例

図 空気圧用単一パッキン 右図が上部より圧力が0.7MPa掛かった例

右図が上部より圧力が0.7MPa掛かった例ですが、お分かりのように、パッキンの変形状態や圧力の部分も変化しています。

Uパッキンの例

図 Uパッキン 左側が圧力なし、右図が5MPaの場合

これらの例から、使用状態で圧力が掛かった場合に姿勢の安定性は重要なシールのポイントでもあります。
図の中で、色が明るい場所ほど、応力が大きいことを示しています。(続く)

取扱い製品について

NKリング
ふっ素ゴムをふっ素樹脂で被覆した画期的なOリング
NKジョイントリング
英国NES社の誇るふっ素ゴムつなぎOリング
TESNIT
スロベニアDONIT TESNIT社製の高品質ジョイントシート
その他の各種シール製品

以上の詳細はホームページに記載していますので、是非ご覧ください。
カタログや技術資料は、ご要求がございましたらお問い合わせページにご一報ください。

当記事にご意見や質問がございましたら、お問い合わせページまでご連絡ください。

▲ページの先頭へ